女の人

老化現象の一つ

注射

欧米人よりメラニンが多い

シミの要因はメラニンという色素が肌に沈着してできるものです。原因は紫外線などの外部の刺激や老化によるものがほとんどです。ホルモンバランスの崩れや遺伝なども影響することがあります。シミの種類は老人性色素斑や炎症性色素沈着などたくさんあります。しかしどれも薄茶色や褐色の斑点になることが特徴です。シミは複数の要因が重なってできることもあります。そのためどシミの種別を特定させることは難しいのです。シミの治療は皮膚科によって行われます。最近では美容皮膚科のようなクリニックでも治療できます。レーザー治療などによってシミの治療が一番多い治療方法です。しかし軽度のシミであれば内服薬で改善できるケースもあります。また外用薬を塗ることでシミを目立たなくすることもできます。またシミに種類によっても治療方法が異なるため、シミ治療を考えているのであれば、一度クリニックへ相談されることがベストです。欧米人と比較して日本人の肌にはメラニンが多く含まれています。そのため欧米人よりもシミになる確率は高くなっています。そのため欧米よりも日本のほうがシミに対する治療の技術は進歩しています。しかしレーザーなどを用いてもシミを完全に除去できるわけではありません。

レーザーのデメリット

レーザーはシミにレーザーを照射しシミを除去する方法です。患部にレーザーを当てる場合、周囲の部分にレーザーが当たってしまいダメージを与えてしまうこともあります。患部だけにレーザーを当てることは技術的にも難しく、いかに周囲へのダメージを少なくさせるかがポイントとなります。照射時間が短ければ患部への照射も不十分になり、完全に除去できないデメリットがあります。またレーザーの照射パワーの判断を誤ると患部にさらに炎症が生じ施工前よりもひどくなってしまうこともあります。そのためレーザー治療を行う際には、クリニックの経験と技術力を判断基準として考えるのが望ましいのです。逆にレーザー治療は最終手段として考え、飲み薬や塗り薬を一定期間利用し、効果を計測する方法もあります。皮膚科など病院では飲み薬や塗り薬による治療が一般的です。すぐには効果が出にくく数か月や一年など長い期間かかることがデメリットですが、治療への負担は軽くなります。治療ではありませんが、化粧品などで隠すこともできます。薄い色の色素であれば、化粧の仕方次第で隠すことは可能です。しかし放置することで色が濃くなったりする場合もあるため、隠すのは一時的と考えるのが無難です。