女の人

美白したい

ナース

そもそもの原因を知る

中年以降の女性の肌悩みの上位を占めるのがシミです。これを治したいと世の女性は様々な方法を試すわけです。手っ取り早いのが美容皮膚科での治療です。これなら一番簡単にきれいにできる可能性が高いです。ただ、いくら一旦きれいになってもシミのできるメカニズムを理解していないと、またすぐに元どおりになってしまう可能性が高いです。基本の原因くらいは知っておきましょう。肌が過度な紫外線や摩擦などのダメージを受けるとそれから肌内部を守ろうと防御策が講じられます。それがメラニン色素の発生なのです。肌内部で黒色のメラニン色素を大量発生させてこういった刺激から肌内部を守るのです。このメラニン色素、通常であれば役目を終えればターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられ、最終的に垢となって排出されることになります。ただ、このターンオーバーの周期が乱れることで肌内部に残ったままになることがあります。これがそのまま色素沈着してしまったものがシミなのです。つまり紫外線などのダメージをなるべく受けないようにするのが最も手っ取り早い予防策であって、できてしまったものを治したいならターンオーバーを正常化するのが正当な治療法なのです。

失敗の可能性も理解

美容皮膚科でシミ治療を受けるのが手っ取り早い方法であるのは確かですが、それが全てではありません。シミを消せる可能性は高いですが、一旦消えてもまた復活したり、シミが一回り大きくなる可能性もあることは理解しておくことです。もちろんきれいになる人もいますが、こういった反応が起こり得ることは知っておきましょう。ただ、復活やシミがひどくならないような予防策はあります。まず治療期間は医師に言われたケア方法を絶対に守ることです。レーザーなどで焼いた皮膚はデリケートなので専用の絆創膏を貼らないといけません。紫外線によって大きなダメージを受けてシミがひどくなるのを防ぐためです。それに摩擦などもいけません。これも大きな刺激となってメラニンを発生させてしまいます。また注意したいのがストレスです。ストレスも実はシミの原因の一つなのです。ストレスフリーというのは無理なので、ストレスがたまったら適度に発散することを心がけるといいでしょう。このように美容皮膚科での治療が絶対ではないことを理解してから施術を受けることです。化粧品の美白ケアと健康的な生活習慣でシミを予防するのはもちろん、徐々にシミが薄くなる可能性もあるのです。